マレーシア マレーシア生活

【Grabタクシーが捕まらない】あなたができるたった1つの予防

ヒロ
Grabタクシーを呼んでいるけど、なかなかつかまりません。うまくつかまえるために、前もってできることはありますか?

 

こんなお悩みを解決します!

 

✅ 本記事の内容

・Grabタクシーが捕まらないときの予防

・マレーシアのお抱え運転手とは何者か

・お抱え運転手を見つけるための方法とは

・やりとりをするときに気をつけること

・お抱え運転手をオススメできない理由

 

本記事では「あなたができるたった1つの予防」というテーマで、お話しします。

 

私はGrabタクシーがつかまらなくて、困った経験が何度もあります。

 

この記事を読んでいる皆さんの中にも、同じ経験があるんじゃないですか?

 

今回はGrabタクシーがつかまらないときの、予防の仕方をお伝えします。

 

グラブが人気な理由と登録する方法については、下の記事がオススメです。

 

グラブが人気な理由と登録の仕方については、マレーシアの配車アプリGrabとは?【人気な理由と登録の仕方】をご覧ください

Grabタクシーが捕まらないときの予防

 

結論、予防は1つだけになります。

 

「お抱え運転手を見つけること」です。

 

詳しく解説しますね。

 

予防:お抱え運転手を見つける

 

Grabタクシーがつかまらないことに備えて、「お抱え運転手」を見つけましょう。

 

なぜなら時間帯によって、タクシーが全くつかまらないからです。

 

タクシーがつかまらない時間帯は、主に3つあります。

 

その①:通勤や退勤するとき

その②:夜ご飯を食べたあと

その③:雨が降ってきたとき

 

これらの時間帯は、タクシーをつかまえることがむずかしいです。

 

また時間帯によって、料金が高くなります。

 

これらの問題を解決できるのが、「お抱え運転手」なんです。

 

ではお抱え運転手とは何者なのか、お話ししますね。

 

マレーシアのお抱え運転手とは何者か

 

まずはお抱え運転手についてお話しします。

 

お抱え運転手(おかかえうんてんしゅ)は、もっぱら特定の顧客、車両の専属者として乗用車を運転する職業運転手の通称。

出典:Wikipedia

 

お抱え運転手は、普段Grabタクシーのドライバーとして働いています。

 

しかしプライベートでお願いすると、グラブとは別で運転してくれるんです。

 

イメージとしてはグラブを通して出会い、プライベートで運転をお願いする感じです。

 

続いては、お抱え運転手のメリット・デメリットをお伝えします。

 

メリットは2つです。

 

メリット①:前もって予約できる

メリット②:どの時間帯でも来てくれる

 

お抱え運転手は、グラブがつかまらない時間でも来てくれます。

 

前もって何時にどこへ行くか決まっていたら、とても便利ですよ。

 

続いては、デメリットについてです。

 

デメリット①:ドライバーの運転する範囲でしか頼めない

デメリット②:そもそも見つけることがむずかしい

 

お抱え運転手は、自分が運転する範囲を決めています。

 

なので、いつでも頼めるわけではないです。

 

そもそも、お抱え運転手を見つけることがむずかしいんですよね。

 

では、どのようにしたら見つかるのかお話しします。

 

お抱え運転手を見つけるための方法とは

 

見つける方法は、2つあります。

 

その①:ローカルに紹介してもらう

その②:Grabタクシーを呼んで、そのドライバーにお願いする

 

ローカルに紹介してもらうと、すぐに見つかります。

 

私の場合はローカルの紹介で、2人のお抱え運転手と出会いました。

 

自分で見つける方法もありますよ。

 

下の4つのステップ通りにやると、見つかると思います。

 

step
1
Grabタクシーを呼ぶ

Grabタクシーを呼んで、ドライバーと会話をしましょう。

 

step
2
ドライバーの運転できる範囲をチェック

会話の中で、いつもどの辺を運転しているのか聞いてみてください。

 

step
3
信用できるかチェック

ドライバーの性格や、運転できる時間帯を確認しましょう。

 

step
4
お抱え運転手になってもらう

お抱え運転手になってもらえたら、連絡先を交換してください。

 

4つのステップ通りにやると、お抱え運転手が見つかります。

 

見つかったらお抱え運転手とのやりとりで、注意することがあるんです。

 

詳しくお話ししますね。

 

やりとりをするときに気をつけること

 

お抱え運転手とのやりとりは、他のアプリを使いましょう。

 

「WhatsApp」などが良いですね。

 

なぜならGrabアプリで呼ぶと、お抱え運転手にメリットがないからです。

 

WhatsAppで呼ぶと、お抱え運転手に2つのメリットがあります。

 

メリット①:お金を多くもらえる

メリット②:他のドライバーより稼げる

 

グラブの仕組み上Grabアプリで呼ぶと、お抱え運転手は稼げません。

 

理由は2つあります。

 

理由①:売上の一部をGrab本社に支払うから

理由②:競合が多いから

 

たとえば大学から駅まで、RM15(約380円)かかったとします。

 

ドライバーはRM15を受けとったあと、RM3くらいGrab本社に支払うんです。

 

加えてガソリン代は、ドライバー負担です。

 

つまりトータルRM12以下しか、稼いでいません。

 

しかしWhatsAppで呼ぶと、お互いにメリットがあります。

 

お客さんとお抱え運転手は、「WIN-WIN」の関係です。

 

お客さん  :前もって予約でき、どの時間帯でも来てくれる

お抱え運転手:Grab本社に支払わないから、普段より稼げる

 

このようにお抱え運転手にお願いすると、お互いにメリットがあります。

 

しかし皆さんにハッキリとお伝えします。

 

私は、お抱え運転手をオススメできません。

 

理由を詳しくお話しします。

 

お抱え運転手をオススメできない理由

 

結論、お抱え運転手をオススメできません。

 

理由は3つあります。

 

理由①:Grab本社が管理できないから

理由②:事件や事故に巻き込まれるかもしれないから

理由③:不正行為になるから

 

お抱え運転手は、Grab本社の管理下にいません。

 

事件や事故に巻き込まれたら、自分で責任をとることになります。

 

加えてこのようなGrabの使い方は、不正行為になると思います。

 

たしかにお抱え運転手を見つけることは、予防になります。

 

しかし上の3つの理由から、私はオススメできません。

 

なのでGrabタクシーがつかまらないときは、対策を知っておくと役に立ちますよ。

 

対策については、下の記事がオススメです。

 

>> 【Grabタクシーが捕まらない】あなたができる5つの対策TOP5

 

まとめ:お抱え運転手は役に立つが、オススメはできない

 

今回は「あなたができるたった1つの予防」というテーマで、お話ししました。

 

私がお話ししたこと以外に予防策を知っていれば、ぜひ教えて欲しいです。

 

コメント欄まで、お願いします。

 

最後に記事をまとめて、終わりにしますね。

 

本記事のまとめ

  • Grabタクシーがつかまらないときの予防は、お抱え運転手を見つけること
  • お抱え運転手とは、グラブとは別でプライベートで運転してくれる人のこと
  • ローカルに紹介してもらうと、お抱え運転手が見つかりやすい
  • お抱え運転手とのやりとりは、他のアプリを使う
  • お抱え運転手はいろんな理由から、オススメできない
  • この記事を書いた人

ヒロ

新卒で沖縄県からマレーシアへ移住した23歳のうちなんちゅ。現地で生活費をおさえて440万円の奨学金を返済中。留学中に出会った中華系マレーシア人の彼女と遠距離を続けて4年目。副業でブログを書いてる外資系会社の現地採用。

-マレーシア, マレーシア生活