マレーシア マレーシア留学

マレーシアへ留学する前に準備するべきこと10選【経験者が解説します】

この記事を読んでるってことは、もしかして...。マレーシアへ留学することが決まったんですか?

おめでとうございます!!!

マレーシア留学が決まると嬉しいですが、いざ準備しようと思うと何から準備したらいいのかわからなくなりますよね。

ということで今回は、1年間マレーシアへ留学したぼくが実際に準備したことを、10個にまとめてご紹介していきます。

マレーシア留学の前に準備しておけばよかったなぁ...と、ちょっぴり後悔していることもすべてお伝えしますね!
ヒロ

それでは、さっそく本編の方をみていきましょう。

これからマレーシアへ留学する方は、マレーシア留学の前にやるべき英語の勉強5選【これで安心】をチェックしてみてください。留学前に英語の不安を解消する方法をご紹介しています。

マレーシアへ留学する前に準備するべきこと10選

マレーシアへ留学する前に準備するべきこと10選

最初にマレーシア留学の前に準備すべきこと10個を、一覧でご紹介しますね。

マレーシア留学の前に準備すべきこと10個

  • ①:マレーシア留学の経験者へ会いに行く
  • ②:日本にいる外国人と積極的に交流する
  • ③:留学する前に英単語や文法を勉強する
  • ④:マレーシアに持っていくべき本を読む
  • ⑤:マレーシア留学の目標を設定しておく
  • ⑥:留学中に住むホステルの部屋を決める
  • ⑦:海外対応のクレジットカードをつくる
  • ⑧:今までお世話になった人へ会いに行く
  • ⑨:名前を覚えてもらえるように工夫する
  • ⑩:まだ知らない日本について学びに行く

実際に、ぼくはマレーシアへ留学する前にこちらの10個を準備したおかげで、現地で充実した留学生活が送れました。

さっそく留学前に準備すべきことを、1つずつご紹介していきます!

①:マレーシア留学の経験者へ会いに行く

マレーシアへ留学する前に、留学経験者へ会いに行くのがおすすめです。

経験者からマレーシア留学のノウハウを学ぶことで、自分の留学に活かせるからですね。

実際にぼくはマレーシア留学の経験者に、

  • 留学前にやっておけば良かったことは?
  • もう一度留学できるなら何がしたいか?
  • 留学前に準備しておけばよかった物は?

などなどをインタビューしました。

経験者のアドバイス通りに行動した結果、マレーシアで充実した留学生活が送れたんです。

マレーシア留学の経験者からアドバイスをもらって、自分の留学に活かしましょう!

無料カウンセリングもおすすめです

スマ留という格安留学サービスを使って、無料カウンセリングを体験するのもおすすめです。

ぶっちゃけ、経験者よりプロの留学カウンセラーからアドバイスをもらう方が確実ですよね。

スマ留の特徴は、こちらの3つになります。

    スマ留の特徴3つ
  1. 従来の最大半額の費用で留学できる
  2. 語学学校の空き時間や空き場所を利用するので、お金をかけずに留学できます

  3. 英語学習のサポートが充実している
  4. スマ留プランなら、オンライン英会話と英語学習アプリが6ヶ月利用できます

  5. 安心の365日・24時間サポート付き
  6. 総勢300名の海外生活を知り尽くしている現地スタッフがいるので安心です

無料カウンセリングを受けて、マレーシア留学のノウハウを手に入れてきましょう!

かしこく、サクッと、留学。「スマ留」

※他社の料金より最大50%も安く1週間から語学留学できます
※コロナで留学できなくなった場合の留学費用の返金保証付き

②:日本にいる外国人と積極的に交流する

マレーシアへ渡航するまでの間、日本にいる外国人と積極的に交流していきましょう。

自分の英語がほんとに外国人に伝わるのか、試せるいいチャンスだからです。

実際、ぼくは外国人と交流するために、

  • 短期の英語合宿に参加してみる
  • 世界交流イベントに出席してみる
  • 外国人留学生のサポーターをする

といった感じで、外国人との接点を増やしました。

コロナの影響で外国人との交流がむずかしい場合は、オンライン英会話でフリートークをするのがおすすめ!

オンライン英会話の「ネイティブキャンプ」はレッスン回数が無制限なので、留学前に集中して外国人と英会話できますよ。
ヒロ

マレーシアで自分の英語が伝わるか不安」という方は、ネイティブキャンプの無料体験で自分の実力を確かめておきましょう。

③:留学する前に英単語や文法を勉強する

マレーシアへ留学する前に、英語の勉強は終わらせておきましょう。

ぶっちゃけ、せっかく高いお金を払ってマレーシアへ留学しているのに、日本でできる勉強を現地でするのはコスパが悪いです。

ぼくはマレーシアに英語の教材を持っていきましたが、三日坊主で終わりました...。現地ではローカルとの時間を大事にしましょう。

英単語や文法は日本でも勉強できるので、わざわざマレーシアでやる必要はありません。

マレーシアへ留学する前に、とくにリスニングとスピーキングを鍛えておきましょう!

マレーシア留学の前におすすめの英語の勉強法は、こちらの記事にまとめました。

マレーシア留学の前にやるべき英語の勉強5選【これで安心】

④:マレーシアに持っていくべき本を読む

まだ日本にいる間に、こちらの3冊を買ってぜひ読んでみてください。

こちらの本は、マレーシアでスランプに入ったりモチベーションが下がったときに、手元に置いておきたい本です。

留学前に試し読みしてみて、留学中も何度か読み返すのがおすすめ!

今回ご紹介している本は、【必読】マレーシア留学で役立つおすすめの本3冊【モチベを維持できます】にて詳しくご紹介しています。

⑤:マレーシア留学の目標を設定しておく

ツイートに書いてある通り、マレーシア留学の目標を設定して、現地で「やること」と「やらないこと」を分けることが大切。

留学前にぼくは目標を設定していたので、

  • ラマダンに1ヶ月の断食に挑戦
  • ベジタリアンの菜食祭りに参加
  • マレーシアで3回のお正月を経験

といった異文化体験ができました。

マレーシア留学で失敗したくないなら、留学の目標を決めておきましょう!

⑥:留学中に住むホステルの部屋を決める

マレーシア留学中に住む寮(ホステル )の部屋を決めておきましょう。

実際にぼくが住んでいた部屋は、

  • ルームメイトはローカルと日本人
  • ファン付き・クーラー無しの部屋
  • 4人部屋をルームメイトとシェア

という感じで、あえて快適ではない部屋を選びました。

日本に帰ったらまた快適な暮らしができるので、あえてどローカルな生活ができる部屋を選んだんです!
ヒロ

マレーシア留学の目標を軸にして、寮の部屋を選んでおきしょう。

具体的な部屋の選び方については、こちらの記事で詳しく説明しています。

>> 【失敗しない】マレーシア留学で住む寮の部屋の選び方3つ【注意点あり】

⑦:海外対応のクレジットカードをつくる

マレーシア留学に、海外対応のクレジットカードは必須です。

現地のATMからお金を引き出すときに使うので、日本にいる間に発行しておかないと大変なことに...!

ぼくの場合は、日本でこちらの2つのカードを作りました。

クレジットカードを2枚、もしくはクレジットカードとデビットカードをそれぞれ1枚ずつ準備しておきましょう。

どちらのカードもマレーシアで使えるので、どのカードにしようか迷っている人はぼくと同じでいいと思います!
ヒロ

⑧:今までお世話になった人へ会いに行く

マレーシアへ渡航する前に、今までお世話になった人へ会いに行きましょう。

周りのサポートのおかげでマレーシアへ留学できるので、感謝の気持ちを忘れないことが大切です。

留学中もし家族に何かあったら、心の底から留学生活を楽しめないですよね。

みんなが健康でいてくれるからこそ、あなたは留学生活に没頭できます。

マレーシア留学が終わったら、お土産を持ってまた会いに行きましょう!

⑨:名前を覚えてもらえるように工夫する

マレーシアへ留学する前から、ローカルに顔と名前を覚えてもらえるよう工夫してみましょう。

ローカルに顔と名前を覚えてもらうために、ぼくはこんな工夫をしました。

  • 髪の毛を金髪にする
  • 他の日本人よりも目立つため

  • ニックネームを考える
  • 日本の名前は覚えづらいため

  • 簡単なマレー語を覚える
  • 相手に親近感を持たせるため

作戦は見事に成功して、留学してすぐにローカルと打ち解けることができたんです!

金髪にしたせいで、初対面なのに数学の講師に注意されちゃいましたけどね...!
ヒロ

⑩:まだ知らない日本について学びに行く

日本を離れる前に、まだ知らない日本について学びに行きましょう。

実際に、ぼくは宮城県石巻市へ行って、東日本大震災について現地の人から学びました。

当時は「津波のことを何も知らないまま、日本人としてマレーシアに行っていいのかな?」って思っていたので、実際に被災地を見に行ったんです。
ヒロ

マレーシア人からすると、マレーシアへ来る日本人は「日本の代表」なので、日本のことを質問されても答えられるようにしておきましょう。

マレーシア留学の前に準備しておけばよかったこと

マレーシア留学の前に準備しておけばよかったこと

ここまでは、ぼくが実際にマレーシアへ留学する前に準備したことについてご紹介してきました。

マレーシア留学を終えて、あれ準備しとけばよかったぁ...っていうのもあるので、そちらもお伝えしますね!

留学前に準備しておけばよかったこと3つ

その①:SIMロックの解除をしておく
その②:最初から家具付きの家に住む
その③:お気に入りのものを持参する

その①:SIMロックの解除をしておく

マレーシアへ留学する前に、SIMロックを解除しておきましょう。

SIMロックを解除しないと、現地でスマホが使えなくなります。

当時はSIMについて全くわからなかったので、結局マレーシアで2つ目のスマホを買うことになりました...。
ヒロ

マレーシアでスマホを使うには、こちらの3つの方法があります。

  • 日本でSIMロック解除して、現地のSIMカードを入れる
  • SIMフリースマホを買うか、現地でスマホを買って使う
  • マレーシアへポケットWi-Fiを持ってきて、現地で使う

どの方法でも問題ないですが、SIMロックを解除して使うのが一般的。

自分が使っている携帯キャリアに確認して、SIMロックを解除しておきましょう。

ちなみに、SIMロックの解除は日本でしかできないのでご注意ください。

マレーシアに着いてすぐスマホが使えるように、アマゾンでMAXIS プリペイドSIMカードを買っておくのがおすすめです!

その②:最初から家具付きの家に住む

これから一人暮らしを始める方は、最初から家具付きの家に住むのがおすすめです。

マレーシア留学が決まると、留学中に家具をどこに保管するか困るんですよ。

留学中に家具を保管する場所がない...って人向けの対処法は、こちらの3つ。

  1. レンタル倉庫に預ける
  2. 友だちに預けるか売る
  3. 実家に家具を移動させる

ぼくの場合は一部の服だけ友だちにあずけて、家具はすべて売りました...。

これからも海外へ長期で行くかもしれない方は、家具付きの家に住んでおくと便利です。

その③:お気に入りのものを持参する

日本で使っているお気に入りのものは、マレーシアへ持ってきても問題ありません。

住む国が変わるだけであって、持ち物まで変える必要はないからです。

留学前のぼくは「現地に持っていくと盗まれそう」と偏見を持っていたので、マレーシアへお気に入りのものを持参しませんでした。
ヒロ

しかし、実際のところは

  • 盗難に一回も巻き込まれなかった
  • 盗難されないよう気にかけてくれた
  • ローカルに落とし物を届けてもらえた

という感じで、逆にローカルに助けてもらってばかりでした。

日本にいるときよりも荷物に注意する必要はありますが、マレーシアへお気に入りのものを持参しても問題ありません。

ちなみにマレーシアにどんなアパレルショップがあるのか気になる方は、こちらの記事をチェックしてみてください!

>> 【シーン別】マレーシアで身につけるべき服装【アパレルショップをご紹介】

マレーシア留学の前に準備しすぎることがダメな話

ここまでマレーシア留学の前に準備すべきことや、準備しておけばよかったことをお話しました。

しかし、最後に1つだけお伝えしたいのが、留学前に準備しすぎることもダメっていうこと。

たとえば学校のテストでは「答え」があるので、テストに向けて準備すればするほどいいですよね。

だけどマレーシア留学にはこれといった「正解」は無いので、留学中に自分の中で模索していく必要があります。

ぼくはあえて準備をしすぎなかったので、ありのままのマレーシアを受け入れることができ、結果的に充実した留学生活が送れました!
ヒロ

こちらの記事でぼくがマレーシアで経験した異文化体験をご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

>> 【体験談】マレーシア留学で経験したこと10選【現地に染まりました】

現地に行けばなんとかなるので、あまり準備に時間をかけずに、マレーシアでたくさん失敗して学んでいきましょう!

まとめ:準備は程々に、マレーシア留学で経験を積もう! 

今回は「マレーシアへ留学する前に準備すべきこと」というテーマでお話ししてきました。

最後に、マレーシア留学の前に準備すべきこと10個を振り返ります。

マレーシア留学の前に準備すべきこと10個

  • ①:マレーシア留学の経験者へ会いに行く
  • ②:日本にいる外国人と積極的に交流する
  • ③:留学する前に英単語や文法を勉強する
  • ④:マレーシアに持っていくべき本を読む
  • ⑤:マレーシア留学の目標を設定しておく
  • ⑥:マレーシア留学で住む寮の部屋を選ぶ
  • ⑦:海外対応のクレジットカードをつくる
  • ⑧:今までお世話になった人へ会いに行く
  • ⑨:名前を覚えてもらえるように工夫する
  • ⑩:まだ知らない日本について学びに行く

今回ご紹介した10個を準備できたら、マレーシアで充実した留学生活を送れること間違いなしです。

マレーシア留学の準備ができたら、留学に必要な持ち物も揃えていきましょう!

【これだけでOK】マレーシア留学に必要な持ち物リスト【経験者の荷物を公開】
  • この記事を書いた人

ヒロ

新卒で沖縄県からマレーシアへ移住した23歳のうちなんちゅ。現地で生活費をおさえて440万円の奨学金を返済中。留学中に出会った中華系マレーシア人の彼女と遠距離を続けて4年目。副業でブログを書いてる外資系会社の現地採用。

-マレーシア, マレーシア留学