マレーシア マレーシア留学

【これだけでOK】マレーシア留学に必要な持ち物リスト【経験者の荷物を公開】

マレーシア留学に何が必要なんだろう?あっ!留学経験者の持ち物を参考にしたらいいんだ!!」

と考えて、本記事までたどり着いてくれた賢いあなた、ありがとうございます!!!

リクエスト通り、今回はマレーシア留学に必要な持ち物について、1年間マレーシア留学したぼくの経験をもとにご紹介しますね。

本記事では、

  1. マレーシア留学に必要な持ち物
  2. マレーシアで調達すべき持ち物
  3. マレーシア留学で役立つ持ち物

の3本立てでお送りします!

実際にぼくがマレーシアへ持っていた荷物をすべて公開したいと思います。

実はマレーシアへ持っていかなくてもいい持ち物や、飛行機の荷物を減らすためにやることなんかもシェアしていきますね。
ヒロ

それでは、マレーシア留学に向けて一緒に準備していきましょう!

もくじ

マレーシア留学に必要な持ち物リスト【一覧】

マレーシア留学に必要な持ち物リスト【一覧】

まずは、マレーシア留学に必要な持ち物リストを一覧でご紹介しますね。

実際にぼくがマレーシアへ持っていった持ち物は、こちらの通り!

    マレーシア留学に必要な持ち物

  1. パスポート・ビザ
  2. 海外旅行保険保険証
  3. 航空券
  4. 現金・国際キャッシュカード
  5. クレジットカード
  6. 各種書類のコピー(パスポートや保険証など)
  7. 証明写真(パスポートやビザ更新用)
  8. スマホ・充電器
  9. パソコン・充電器
  10. スーツケース・バックパック
  11. 着替え・衣類(数日分)
  12. 寝間着(数日分)
  13. 歯ブラシ
  14. コンタクトレンズ・メガネ
  15. タオル(数日分)
  16. 常備薬
  17. 筆記用具・ノート
  18. 日本語の本
  19. 運動用の靴・衣類
  20. 貴重品用の小さめのカバン
  21. USBメモリ
  22. 電子辞書
  23. 電源プラグ
  24. マスク(数日分)
  25. 日本のアイテム
  26. スーツ
  27. モバイルバッテリー

マレーシア留学に上記のものを持っていけば、現地で困ることはないですよ。

渡航前にしっかりチェックしておきましょう。

マレーシアで調達すべき持ち物リスト【一覧】

マレーシアで調達すべき持ち物リスト【一覧】

ここからはマレーシアで調達すべき持ち物リストを、一覧でご紹介していきます。

マレーシアで調達すべき持ち物

  • 洗面用具
  • 洗濯用具
  • 髭剃り
  • 爪切り
  • ウェットティッシュ
  • ポケットティッシュ
  • 虫除けスプレー
  • 日焼け止め
  • サングラス
  • タコ足配線
  • 折り畳み傘
  • スカーフ(女性)
  • 自撮り棒
  • 上着
  • 着替え・衣類
  • 寝間着
  • タオル
  • マスク
  • トイレットペーパー
  • SIMカード
  • 水筒・タンブラー

すべて現地で揃うので、日本で買う必要はないですよ!

マレーシアで現地調達して、飛行機の荷物をできるだけ減らしましょう。

マレーシア留学で役に立つ持ち物リスト10選

マレーシア留学で役に立つ持ち物リスト10選

続いては、マレーシア留学でなくてはならないアイテムを10個、ご紹介していきます。

①:変換プラグ

マレーシア留学中は、変換プラグが必要になります。

どうして変換プラグが必要なのかというと、日本とマレーシアではコンセントの形・タイプがちがうからです。

日本のコンセントの穴は2つですが、マレーシアのコンセントは穴が3つもあるので、そのままだとスマホの充電などができません。

上記でご紹介している変換プラグは、なんと世界200ヶ国以上の国でも対応しています!

留学中にマレーシア以外の国も旅行したい!という方は、準備しておくと便利ですよ。

②:クレジットカード

マレーシア留学にクレジットカードは必須です。

マレーシアのATMから、現地のお金を引き出すときに使います。

おすすめのクレジットカードは、年会費が無料で学生でも審査が通る「エポスカード」。

実際に留学中はエポスカードを使っていて、今もマレーシアで使っています。
ヒロ

③:モバイルバッテリー

マレーシア国内や近くの国を旅行するときは、Google Mapを使ったり写真を取ったりするので、スマホの充電の減りが早くなります。

モバイルバッテリーを持参しておけば、外にいても1日中スマホを使えるので便利です。

ちなみに、飛行機に乗るときはモバイルバッテリーを手荷物で預けられないので、手持ちの荷物として持ち込みましょう。

④:日本語の本

マレーシアへ留学していると、スランプに入ったりモチベーションが下がるときが必ずあると思います。

そんなときに読みたいおすすめの本は、こちらの3冊。

マレーシア留学中、あなたの強い味方になってくれること間違いなしです。

こちらの記事で詳しくご紹介しているので、あわせてどうぞ!

>> 【必読】マレーシア留学で役立つおすすめの本3冊【モチベを維持できます】

⑤:電子辞書

created by Rinker
¥7,900 (2022/05/16 22:12:31時点 楽天市場調べ-詳細)

電子辞書は、授業を受けているときに大活躍してくれます。

授業中はスマホアプリのGoogle翻訳が使えないので、電子辞書は必須アイテムなんです。

値段は高く感じるかもしれませんが、日々の授業からテスト勉強のときにも使えて、すぐに英語から日本語に翻訳できるので便利ですよ。

⑥:運動用の靴・衣類

マレーシア留学中に、大学でスポーツイベントがあると思います。

ジムへ通ったりするときにも役立つので、運動できる備えをしておきましょう。

ちなみに、ぼくは日本からバドミントンラケットを持参しました。スポーツをとおしてローカルと仲良くなれるのでおすすめです!
ヒロ

⑦:小さめのカバン

小さめのカバンを持参しておくと、貴重品の管理がしやすくなります。

実際、ぼくがマレーシア留学で使っていたカバンは3つあって、このように使い分けていました。

  1. 小さめのカバン:貴重品の管理用
  2. 大きめのカバン:授業の教科書用
  3. バックパック :旅行するとき用

首にかけられるタイプの小さいカバンを用意しておくと、盗難の防止にもつながりますよ。

⑧:日本のアイテム

マレーシアに日本のアイテムを持っていくと、ローカル受けがいいのでおすすめ!

実際に、ぼくはこれらのアイテムを日本から持参しました。

  • 折り紙
  • クルトガ
  • 日本語Tシャツ

日本でしか手に入らないものや、アニメ関連のグッズなどがおすすめです。

ローカルに日本語Tシャツをプレゼントしたら、なんくるないさTシャツを着たローカル集団が前列でマジメに授業を受けててじわりました(笑)
ヒロ

⑨:USBメモリ

USBメモリは、プレゼンテーションのときに使います。

マレーシアの大学ではグループワークが多いので、USBメモリも必須アイテムですね!

マレーシアでも買えますが、かさばらないので日本で準備しておきましょう。

⑩:バックパック

経験から言えることですが、海外生活ではスーツケースよりバックパックの方が役に立ちます。

理由としては、

  • 入国・帰国のときに活躍する
  • 東南アジアへ旅行がしやすい
  • スーツケースより容量が大きい

といったメリットがあるからです。

マレーシア留学中に旅行する予定のある人は、最初からバックパックを準備するのがおすすめです。

マレーシア留学で持ちこまなくていい持ち物

マレーシア留学で持ちこまなくていい持ち物

マレーシア留学がおわって「あれ?持って来たけど、一回も使わなかったな...」って気づいた持ち物を3つご紹介します。

持ちこまなくていい持ち物3つ

その①:変圧器や電化製品
その②:単語帳や文法の教材
その③:日本で着ていない服

その①:変圧器や電化製品

変圧器ってなんか必要そう!って思ってましたが、変圧器が必要な人はマレーシアで日本から持参した電化製品を使いたい人だけです。

マレーシアにも日本の電化製品はたくさん売られているので、日本からわざわざ持ってくる必要はなし。

お気に入りのドライヤーなどを現地でも使いたい人だけ、変圧器もセットで持参しましょう。
ヒロ

その②:単語帳や文法の教材

これはほんとに持ってくる必要なかった...。

どうしてなのかというと、

  • 持ってきても結局やらない可能性が高い
  • ローカルと会話した方が英語力が伸びる
  • 現地で英語を勉強するのはコスパが悪い

といった感じで、むしろ現地で使わない方がいいんです。

英単語や文法は日本でも勉強できるので、わざわざマレーシアに来て勉強する必要はありません。

マレーシアへ留学する前に、ちゃっちゃと英単語や文法を復習しておきましょう。

留学前に最低限やっておきたい英語の勉強は、こちらの記事にて詳しくご紹介しています。

マレーシア留学の前にやるべき英語の勉強5選【これで安心】

その③:日本で着ていない服

ぼくは日本で着ていない服を、マレーシアに持ってきたことを後悔しています。

日本では着ない服を現地で身につけるということは、自然とマレーシアを見下していることにつながるからです。

日本で履いてない古いくつや半パンを現地で履いていたので、失敗したなと反省しています。
ヒロ

国が変わるだけであって、服装を古いものに変える必要はありませんでした。

ちなみに、ぼくのマレーシア留学の失敗談についてはこちらでご紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

>> 1年間マレーシアへ留学した私が、失敗したこと6つと対策方法を教えます

飛行機の荷物を減らすためにやるべきこと3つ

ちょっと番外編。飛行機の荷物を減らすコツを3つシェアしますね!

飛行機の荷物を減らすためにやること3つ

その①:マレーシアで買える日本の商品を把握する
その②:日本で買うものと現地で買うものを分ける
その③:持ち物はできるだけマレーシアで調達する

その①:マレーシアで買える日本の商品を把握する

マレーシアで買える日本の商品を、あらかじめ把握しておきましょう。

マレーシアでも手に入る日本の商品を知っておくと、日本から持ってくる荷物を減らせます。

たとえば、マレーシアにもある日本のお店はこちらの通り。

  • ダイソー
  • UNIQLO
  • 無印良品
  • ドンキホーテ
  • ファミリーマート

他にも、日本の商品が買えるお店はたくさんあります。

日本でしか手に入らない商品だけ準備して、残りは現地で揃えるのがおすすめ。

その②:日本で買うものと現地で買うものを分ける

マレーシアで買える日本の商品を把握したら、日本で買うものと現地で買うものを分けましょう。

思っている以上に現地でなんでも揃うので、あんまり心配しなくても大丈夫!

現地のアパレルショップについては、こちらの記事からチェックしてみてくださいね。

>> 【シーン別】マレーシアで身につけるべき服装【アパレルショップをご紹介】

その③:持ち物はできるだけマレーシアで調達する

飛行機の荷物を減らすには、できるだけマレーシアで調達するのが1番。

渡航前に

  • 荷物の重量オーバーで支払う料金
  • 現地で物を買うときにかかる料金

こちらの2つを考えてみましょう。

ぼくの経験上、現地で必要な物を買うときにかかる料金の方が安いです。

留学してすぐに日用品を買い出しする日が設けられていると思います。現地に持っていく持ち物は、買い出しの日までの準備でOKですよ。
ヒロ

着替えや寝間着、タオルなどは買い出しまでに必要な分だけ準備して、残りは現地で揃えるのがおすすめ!

マレーシア留学の持ち物に関するよくある質問

最後に、よくある質問にお答えしていきますね。

①:お気に入りの荷物は日本に置いていくべきですか?

お気に入りの荷物は、マレーシアに持ってきても大丈夫です!

さっき説明したとおり、住む国が変わるだけであって、荷物まで変える必要はありません。

盗まれたら困るものなどは、日本に置いていきましょう。

②:日本のワックスはマレーシアに売られていますか?

マレーシアで売られている日本のワックスは、基本的にGATSBYのみ。

お気に入りのワックスがある人は、日本から持参しましょう。

現地のドンキホーテなら、他の種類の日本のワックスも手に入るかもしれません!
ヒロ

③:スーツや革靴を現地に持ち込む必要はありますか?

スーツや革靴はマレーシアに持っていきましょう。

現地の式典やイベントなどで必要になります。

実際、ぼくがマレーシアでスーツを着る機会があったのは、このようなシーン。

  • 修了式
  • 音楽会
  • 交流イベント
  • プロムナイト
  • プレゼンテーション

ちなみにマレーシアでもスーツを作ることができ、ペナン島でスーツを買うならRex Custom Tailorがおすすめ!

>> Rex Custom Tailor

ローカルの友だちが家族で経営していて、ぼくもオーダーメイドのスーツを作ってもらいました!
ヒロ

④:現地の電圧・コンセントはどういうタイプですか?

マレーシアの電圧・コンセントタイプは、こちらのとおり。

マレーシアの電圧:220V(周波数:50Hz)
コンセントタイプ:3つ又のBFタイプが主流

さっきご紹介した変換プラグを買っておけば、問題ないと思いますよ。

マレーシアの電圧・コンセントタイプについては、下記が参考になります。

>> 海外の電圧一覧表(外部リンク)

⑤:SIMロックを解除するにはどうすればいいですか?

留学前にご自身の携帯キャリアに確認して、SIMロック解除をしておきましょう。

現地のSIMカードを利用する場合は、日本でSIMロックを解除しておく必要があります。

マレーシアですぐスマホが使えるように、アマゾンでMAXIS プリペイドSIMカードを買っておきましょう!
ヒロ

まとめ:マレーシア留学に備えて必要な持ち物を準備しよう!

ここまで本記事を読んでくれたあなたなら、忘れ物をせずにマレーシア留学を満喫できるはず!

空港へ向かう前に、もう一回マレーシア留学に必要な持ち物リストに目を通しておきましょう。

    マレーシア留学に必要な持ち物

  1. パスポート・ビザ
  2. 海外旅行保険保険証
  3. 航空券
  4. 現金・国際キャッシュカード
  5. クレジットカード
  6. 各種書類のコピー(パスポートや保険証など)
  7. 証明写真(パスポートやビザ更新用)
  8. スマホ・充電器
  9. パソコン・充電器
  10. スーツケース・バックパック
  11. 着替え・衣類(数日分)
  12. 寝間着(数日分)
  13. 歯ブラシ
  14. コンタクトレンズ・メガネ
  15. タオル(数日分)
  16. 常備薬
  17. 筆記用具・ノート
  18. 日本語の本
  19. 運動用の靴・衣類
  20. 貴重品用の小さめのカバン
  21. USBメモリ
  22. 電子辞書
  23. 電源プラグ
  24. マスク(数日分)
  25. 日本のアイテム
  26. スーツ
  27. モバイルバッテリー

必要な持ち物が揃っていることを確認できたら、あとはマレーシアで留学生活を思いっきり楽しむだけ!

持ち物以外に準備すべきことについては、こちらの記事にまとめたのでよかったらどうぞ。

>> マレーシアへ留学する前に準備するべきこと10選【経験者が解説します】

  • この記事を書いた人

ヒロ

新卒で沖縄県からマレーシアへ移住した23歳のうちなんちゅ。現地で生活費をおさえて440万円の奨学金を返済中。留学中に出会った中華系マレーシア人の彼女と遠距離を続けて4年目。副業でブログを書いてる外資系会社の現地採用。

-マレーシア, マレーシア留学