マレーシア マレーシア旅行

ペナン島の窯で焼いたできたてベーグルが食べれるカフェ【The Mugshot Cafe】

今回はペナン島のジョージタウンにある、できたてアツアツのベーグルが食べれる「The Mugshot Cafe」についてご紹介していきます。

マグショットカフェは、ペナン島在住の日本人で行ったことない人はいないくらい、ペナン島ではとっても有名なカフェ。

実はそんな有名なカフェに、ぼくは6ヶ月ほどアルバイトしていたんです!

実際にバイトをしていたからこそわかる、マグショットカフェの魅力についてご紹介していきますね。
ヒロ

本記事を最後まで読むと、今すぐマグショットカフェに行きたくなること間違いなしです!

元従業員が教えるマグショットカフェの魅力3つ

6ヶ月働いていたからこそわかるマグショットカフェの魅力を、3つに分けてご紹介します。

その①:窯で1つずつ丁寧に焼かれたアツアツのベーグル
その②:売れっ子アーティストが作った巨大恐竜クラフト
その③:見た目はただのカフェなのに実はなんでも屋さん

その①:窯で1つずつ丁寧に焼かれたアツアツのベーグル

マグショットカフェの代名詞ともいえるのが、自家製の窯で1つずつ丁寧に焼かれたできたてアツアツのベーグル。

オーナーのJesseとTristanはイギリスで1からベーグルの作り方を教わっているので、本場イギリスのベーグルが楽しめます!

注文が入ってから自家製の窯で焼き始めるので、いつでもできたてアツアツのベーグルが食べれるんです。

外はパリッとしているのに、中はふわっとしていてぺろっと食べれちゃいます!
ヒロ

1人前がけっこう大きいので、「Karate」と言って半分に切ってもらうと食べやすいかも。

その②:売れっ子アーティストが作った巨大恐竜クラフト

マグショットカフェに入ってすぐ目に入ってくるのが、宙を舞う巨大な恐竜クラフト。

これはマレーシアで有名な売れっ子アーティストが、マグショットカフェのためにオーダーメイドで作った作品です。

恐竜クラフトの他にも、店内の壁には有名アーティストが描いた落書きアートも点在しています。

2019年からはパン工場だった部屋を改装し、インスタ映えするスポットもオープンしましたよ!

ついついインスタにアップしたくなっちゃう仕掛けがあるのが、マグショットカフェの魅力なんです。

その③:見た目はただのカフェなのに実はなんでも屋さん

ぱっと見、マグショットカフェはジョージタウンのどこにでもありそうなただのおしゃれなカフェ。

しかしマグショットカフェに来てみるとわかりますが、なんとカフェの中にこちらの3つのお店が入ってるんです!

  1. Spark Optics
  2. メガネ屋さん

  3. Rainforest Bakery
  4. パン&ケーキ屋さん

  5. Olive Spring Hostel
  6. 女性限定のホステル

実はマグショットカフェ、もともとはオーナーのJesseの家族が経営する小さなパン屋さんだったんです。

パンを食べながらゆっくりくつろげるスペースが欲しいというお客さんのリクエストに応えて、「The Mugshot Cafe」がオープンしました!

それからカフェの一角をメガネ屋さんに貸したり、カフェの上を改装してホステルにするなど、カフェ以外のビジネスも展開していったんです。

マグショットカフェで絶対食べたい人気メニュー

マグショットカフェの魅力は十分に伝わったかと思うので、ここからはマグショットカフェの人気メニューをご紹介していきます。

絶対食べたい人気メニューを、3つに分けて熱く語りますね!

その①:ベーグル
その②:ヨーグルト
その③:ドリンク

その①:ベーグル

マグショットカフェで絶対に食べてほしいのが、自家製の窯で丁寧に焼かれたできたてアツアツのベーグル。

ベーグルはプレーンとセサミの2種類から選べます。

ベーグルのメニューは、こちらの通りです。

  • Cream cheese
  • Cream cheese & Smoked salmon
  • Bacon & Egg
  • Turkey ham, Cranberry sause
  • Nutella & Banana

Cream cheeseがRM8(約240円)で、残りはだいだいRM14(約420円)くらいです。

ぼくのおすすめはBacon & Eggでして、窯の近くのカウンター席に座って食べると最高ですよ!
ヒロ

その②:ヨーグルト

ベーグルの次に人気なのが、店内で手作りしている自家製のヨーグルト。

ヨーグルトのメニューはこちらの通り。

  • Jackfruit & Gula Melaka
  • Kiwi & Honey
  • Mango & Walnuts
  • Walnuts & Raisins
  • Apple crumble

お値段はすべてRM13.5(約405円)です。

ビンに入ったおしゃれなヨーグルトはとくに女性に大人気で、中にはヨーグルトを目当てにマグショットカフェにくるお客さんも。

おすすめはイギリス発祥の焼き菓子、Apple crumbleが乗ったヨーグルトです!

その③:ドリンク

マグショットカフェではスムージーをあわせて、なんと22種類ものドリンクが注文できます。

中でも人気のドリンクは、こちらの7つ。

  1. Black
  2. Cappuccino
  3. Latte
  4. Hot Choc
  5. Matcha
  6. Chai
  7. Apple + Celery

ドリンクはRM7.5(約225円)〜 RM15.5(約465円)で、スムージーはすべてRM17.5(約525円)になります。

Latteを頼むと葉っぱの形にして作ってくれるので、インスタ映え間違いなしです!

マグショットカフェの基本情報【場所と営業時間】

マグショットカフェの基本情報は、こちらの通り。

住所:302, Lebuh Chulia, George Town, 10200 George Town, Pulau Pinang
営業時間:08:00~24:00
定休日 :無休



マグショットカフェは、ジョージタウンのChulia Stという道路に面しています。

夜遅くまで空いてますが、午前中かランチ後に行くのがおすすめですよ!
ヒロ

ペナン島へ来たら、マグショットカフェに行こう!

こちらは最後のバイトの日に、一緒に働いていた日本人のメンバーとオーナーのJesseと撮った写真です。(Jesseは真ん中にいる黒シャツの人)

とっても親切にしていただき、英語を使って働くという貴重な経験をさせてもらいました。

もし店内でJesseを見かけたら「ヒロトのブログを見て来ましたよ!」って言ってくれると嬉しいです。

ペナン島へ来たら、ぜひマグショットカフェでゆっくりくつろいでいってくださいね!

ペナン島在住のLilyさんのブログ「PenangLabo」では、ペナン島のおすすめカフェ10選を紹介しています。

カフェ巡りが趣味のLilyさんが選んだカフェ10選です。ペナン旅行のお供にどうぞ!

>> 【2022年最新】マレーシアペナン島おすすめカフェ10選

  • この記事を書いた人

ヒロ

新卒で沖縄県からマレーシアへ移住した23歳のうちなんちゅ。現地で生活費をおさえて440万円の奨学金を返済中。留学中に出会った中華系マレーシア人の彼女と遠距離を続けて4年目。副業でブログを書いてる外資系会社の現地採用。

-マレーシア, マレーシア旅行