マレーシア マレーシア移住

Wise(トランスファー ワイズ)の使い方を解説【海外から送金する方法】

マレーシアに移住したばかりの頃は、

  • マレーシアで稼いだお金を日本の銀行に送金したい!
  • だけど、どうやって送金したらいいのかわからない。
  • 銀行は手続きがめんどくさそうだし手数料が高そう。

と思って、海外送金をしたことがありませんでした。

「そろそろ沖縄にいるおかんに仕送りしないとなぁ...」と思い始め、マレーシア在住の日本人に教えてもらったのがWise(トランスファーワイズ)。

(※2021年2月22日にTransferWiseは「Wise」に変わりました。)

最初は「少しあやしいな〜」と思っていましたが、

  • アプリでサクッと簡単に
  • たった5分で送金&着金し
  • 銀行よりも手数料が安い!

と、Wiseを使うといいこと尽くめでした!

そこで本記事では、Wiseの口座を開設する方法から実際に送金手続きをする手順まで、54枚の写真を使ってわかりやすくご説明していきます。

Wiseのおかげで、沖縄にいるおかんに毎月仕送りができるようになりました!
ヒロ

「いますぐ手順を教えてほしい!」という方は、手順①:Wise(トランスファー ワイズ)の口座を開設するからどうぞ。(クリックすると、手順に飛びます)

Wise(トランスファー ワイズ)で海外送金するまでの全体像

まずは、Wiseを使う手順の全体像をご紹介していきます。

Wiseを利用するために必要なもの4つ

Wiseを利用するにあたって必要なものは、こちらの4つです。

Wiseを利用するために必要なもの

  1. パスポート
  2. 銀行のユーザー名とパスワード
  3. お金を受け取る人のメールアドレス
  4. お金を受け取る人の口座の詳細(口座番号・支店番号)

ちなみに、本人確認をするときにスマホで操作する必要があるので、今のうちにWiseのアプリをダウンロードしておきましょう。

アプリはダウンロードするだけでOKなので、アプリでアカウント登録をする必要はありません。
ヒロ

Wiseを使って海外送金する手順2つ

Wiseを使って海外送金する手順は、こちらの2つです。

  1. Wiseの口座を開設する(5分)
  2. Wiseで送金手続きする(10分)

Wiseの口座開設から送金手続きまで、約15分ほどかかります。

口座情報の登録が終わったら、次からたった5分で海外から日本、日本から海外に送金することができますよ!

手順①:Wise(トランスファー ワイズ)の口座を開設する

まずは、Wiseの口座を開設する手順をご説明します。

STEP0:Wiseのお申し込みをする

はじめに、 Wiseの口座開設を申し込みましょう。

下記のリンクをクリックして、Wiseへアクセスします。

>> Wiseにアクセスする

※クリックするとお申し込みページへ飛びます。

クリックすると、下記のページへ飛びます。英語で表示されているので、言語設定をクリックしましょう。

日本語」をクリックして、英語から日本語に変更します。

日本語に変更したら、「始める」をクリックしましょう。

クリックすると、「アカウント登録」の画面になります。

STEP1:新しいアカウントを登録する

新しいアカウントを登録する方法は、こちらの2つです。

  1. ご自身のメールアドレスで登録する
  2. GmailやYahooメールなど

  3. 他のアカウントと連携して登録する
  4. Google・Facebook・Appleなど

お好きな方法で登録することができます。

メールアドレスで登録する場合

メールアドレス」を入力して、「続行」をクリックしましょう。

クリックすると、「アカウントの種類」の入力画面になります。

STEP2:アカウントの種類を選択する

個人で送金する場合は、「個人アカウント」をクリックしましょう。

クリックすると、「主な居住国」の入力画面になります。

STEP3:主な居住国を選択する

今住んでいる国を選択しましょう。

クリックすると、「電話番号」の入力画面になります。

STEP4:2段階認証をする

電話番号」を入力して、「認証コードを送信する」をクリックしましょう。

クリックすると、スマホのメッセージに「認証コード」が送信されます。

6桁のコード」を入力して、「送信」をクリックしましょう。

クリックすると、「パスワード」の登録画面になります。

STEP5:パスワードを登録する

ご自身のお好きなパスワードを登録しましょう。

パスワードを登録するときの注意点は、下記2点です。

①:パスワードは大文字、数字を含み、最低9文字は必要
②:「安全なパスワードです。」と表示されるパスワードにする

パスワード」を入力して、「次へ」をクリックしましょう。

このような画面になれば、Wiseの口座開設が完了です。次へ」をクリックしましょう。

続いては、Wiseで海外送金をする手順についてご紹介していきます!
ヒロ

手順②:Wise(トランスファー ワイズ)で送金手続きをする

Wiseで送金手続きをする手順についてご紹介します。

STEP1:送金する通貨と金額を指定する

まずは「送金する通貨」と「受け取る通貨」を指定しましょう。

通貨を指定したら「送金額」を入力して、「送金手続きへ」をクリックします。

最初から大金を送ることに抵抗がある方は、試しに1,000円ほど送金してみるといいと思います。
ヒロ

STEP2:お客様情報を入力する

個人で送金する場合は、「個人アカウント」をクリックしましょう。

お客様情報」を入力して、「送金手続きへ」をクリックします。

名前を入力するときは、パスポートに記載されている通りに入力しましょう。
ヒロ

STEP3:受取人の情報を入力する

日本の家族に送金する場合は、「その他」をクリックしましょう。

クリックすると、「受取人の口座情報」の入力画面になります。

受取人のメールアドレス」を入力しましょう。

メールアドレスを入力したら、「受取人の口座情報」を入力して「確認」をクリックします。

口座名義、銀行名、支店名は、全てカタカナで入力する必要があります。たとえば、ゆうちょ銀行の場合だと「ユウチョ」になります。
ヒロ

STEP4:本人確認をする

国籍」と「雇用状況」を選択して、「確認して続行」をクリックしましょう。

業種」と「職業」を選択して、「続行」をクリックします。

クリックすると、「QRコード」の画面になります。

ご自身のスマホ画面から「Code Scanner」をタップして、「QRコード」をスキャンしましょう。

※スキャンするとwiseのスマホアプリへ飛びます。

Log in」をクリックした後、先ほど登録した「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「Log in」をクリックします。

スマホの操作では、パスポートと自撮り写真の撮影が必要になります。
ヒロ

Log in」をクリックすると、スマホのメッセージに「認証コード」が送信されます。

6桁のコード」を入力して、「Yes, use this devise」をクリックしましょう。

Turn on notifications」をクリックした後、「Photo page of your passport」をクリックして、パスポートの顔写真のあるページを撮影します。

Continue(2回)」をクリックして、自撮り写真を撮影します。

Continue(2回)」をクリックした後、「」をクリックして送金する理由を選択します。

家族に送金する場合は、「Sending money home to family」を選択して、「Submit」をクリックしましょう。

上記のような画面になれば、本人確認は完了です。

STEP5:送金の詳細を確認する

送金の詳細を確認しましょう。変更がなければ、画面下へ進みます。

確認して続行」をクリックしましょう。

クリックすると、「入金方法」の画面になります。

STEP6:入金手続きをする

簡単に入金したい場合は、「Pay with online banking」をクリックしましょう。

あらためて「送金内容」と「受取口座情報」を確認したら、「送金手続きへ進む」をクリックします。

どの銀行から送金するのか選択しましょう。

今回は「HSBC Bank」の口座から入金する方法をご紹介します。
ヒロ

銀行を選択したら、「入金手続きに進む」をクリックしましょう。

※クリックすると HSBC Bank のウェブサイトへ飛びます。

username」を入力して、「Continue」をクリックしましょう。

password」を入力して、「Log on」をクリックします。

」をクリックして、ご自身のアカウントを選択しましょう。

アカウントを選択したら、画面下へ進み「Continue」をクリックします。

Continue」をクリックすると、スマホのメッセージに「one-time password」が送信されます。

one-time password」を入力して、「Confirm」をクリックしましょう。

下記のような画面になれば、入金手続きが完了です。

入金手続きお疲れさまでした!最後に送金を追跡する方法もセットでご紹介します!
ヒロ

送金を追跡する方法

入金手続きが完了すると、自動的に下記のような画面になります。

送金を追跡する」をクリックしましょう。

クリックすると、ホーム画面になります。

初めての入金だったので、日本の口座に送金されるまで3時間30分ほどかかりました。
ヒロ

Wise(トランスファー ワイズ)の使い方についてよくあるQ&A

Wiseに関するよくある質問に、お答えしていきます!

よくあるQ&A

①:Wiseマルチカレンシー口座とはどのような口座ですか?
②:Wiseのマルチカレンシー口座と銀行口座の違いって何?
③:Wiseのアカウントで複数の通貨をもつことはできるの?
④:Wiseデビットカードとはどのようなカードなのですか?
⑤:ボーダーレスアカウント(口座)はもう無くなったの?

①:Wiseマルチカレンシー口座とはどのような口座ですか?

Wiseマルチカレンシー口座の特徴は、下記の5つです。

Wiseマルチカレンシー口座の特徴

  • 50通貨以上の通貨を保有し、必要なときに本当の為替レートで両替が可能
  • お金を口座内で保有し、資金の受け取りや送金、支払いに使うことができる
  • いつでも好きなときに、マルチカレンシー口座から他の銀行口座に送金できる
  • 世界中からお得にお金を受け取るために、海外の口座情報を取得することが可能
  • 送金するときは一定の送金手数料、他の通貨へ送金するときには両替手数料がかかる

また、Wiseデビットカードを使えば、口座内にある通貨を世界中で使うことができます。

マルチカレンシー口座について詳しく知りたい方は、下記の動画をご覧ください。

>> The Wise Account(英語)

②:Wiseのマルチカレンシー口座と銀行口座の違いって何?

Wiseアカウントは電子マネー口座です。

通常の銀行口座とちがうところは、下記3つになります。

  1. 口座に利息はつかない
  2. 当座貸越やローンを取得することはできない
  3. 銀行口座にあるような 金融サービス補償機構(FSCS)やその他の保護スキームの対象ではない

Wiseのマルチカレンシー口座と銀行口座のちがいについては、下記の記事が参考になります。

>> Wiseのマルチカレンシー口座と銀行口座の違い

③:Wiseのアカウントで複数の通貨をもつことはできるの?

アカウントの残高チャージ(入金)は、日本円を含む19種類以上の通貨で行うことが可能です。

アカウント内では50種類以上の通貨を保有することができ、アカウント内の通貨はリアルタイムの実際の為替レートで両替できます。

かかるのは明示された格安の両替手数料のみです。

利用可能な通貨の詳細については、下記の記事をご参照ください。

>> 残高へチャージできる通貨について

④:Wiseデビットカードとはどのようなカードなのですか?

Wiseデビットカードでは、わずかな両替手数料のみで世界中で決済することが可能です。

下記の国でマルチレンシー口座を開設している方は、サービスを利用することができます。

  • 日本
  • EEA
  • スイス
  • イギリス
  • アメリカ
  • シンガポール
  • オーストラリア
  • ニュージーランド

Wiseデビットカードの利用方法については、下記の記事をご覧ください。

>> Wiseデビットカードの利用方法

⑤:ボーダーレスアカウント(口座)はもう無くなったの?

Wiseマルチカレンシー口座は、今までのボーダーレス口座と同じものです。

名前がちがうだけで、同じサービス・機能をもっているのでご安心ください。

まとめ:Wise(トランスファー ワイズ)の使い方を覚えてサクッと海外送金しよう!

今回は、Wise(トランスファー ワイズ)を使って海外送金する方法をご紹介しました。

Wiseの口座開設が完了したら、さっそく海外から日本へ送金してみましょう!

「とりあえず口座だけは開設しておきたい!」という方は、手順①:Wise(トランスファー ワイズ)の口座を開設するからどうぞ。(クリックすると、手順に飛びます)

  • この記事を書いた人

ヒロ

新卒で沖縄県からマレーシアへ移住した23歳のうちなんちゅ。現地で生活費をおさえて440万円の奨学金を返済中。留学中に出会った中華系マレーシア人の彼女と遠距離を続けて4年目。副業でブログを書いてる外資系会社の現地採用。

-マレーシア, マレーシア移住