マレーシア マレーシア生活

マレーシアのGrabタクシーはどれだけ安い?【予約の仕方も解説】

マレー系のダニエル
日本のタクシーに乗ることに比べて、マレーシアのGrabタクシーはどのくらい安いんですか?グラブでタクシーを予約する方法も、教えてください。

 

こんな疑問にお答えします!

 

✅ 本記事の内容

・マレーシアのGrabはどのくらい安いの?

・グラブを使ってタクシーを予約する方法

・グラブを使うときに気をつける2つのこと

 

本記事では「マレーシアのGrabタクシーはどれだけ安い?」について、お話しします。

 

グラブとはスマホ1つで簡単にタクシーを呼べる、配車アプリのことでしたね。

 

結局タクシーだから、料金が高いんですか?

 

多くの方が、そう思ってしまう気持ちもわかりますよ。

 

なので皆さんに、まずはGrabタクシーの安さを知ってもらいたいなと思います。

 

記事の後半にグラブでタクシーを予約する方法と、気をつける2つのことも解説します。

 

グラブが人気な理由と登録の仕方については、マレーシアの配車アプリGrabとは?【人気な理由と登録の仕方】をご覧ください

マレーシアのGrabはどのくらい安いの?

 

Grabタクシーは「本当にタクシーなの?」って疑うくらい、安いです。

 

ではどのくらい安いのか、マレーシアのコースで説明します。

 

今回使うコースは、私がマレーシアでよく使っていたコースです。

 

AIMST大学から、KTMBと呼ばれる駅までのコースになります。

 

詳細は下の通りです。

 

値段:RM15(約380円)

時間:20分

距離:約13キロ

 

これだとGrabタクシーがどれだけ安いのか、わかりずらいですね。

 

ではディズニーランドを使って、説明していきましょう。

 

ディズニーランドの1周は、約3キロになります。

 

タクシーでディズニーランドを4周しても、お値段はたったの約380円です。

 

安すぎると思いませんか?

 

タクシーに乗る人数が多いほど、1人あたりの料金は安くなりますよね。

 

なので4人でタクシーに乗っていたら、1人あたり約95円です。

 

ここまで安いなら、Grabタクシーに乗ってみたくなりませんか?

 

ではタクシーに乗る前に、まずはお支払い方法について知っておきましょう。

 

お支払い方法は、3つあります。

 

①:現金

②:クレジットカード

③:トップアップ

 

「トップアップ」というお支払い方法もあります

 

「トップアップ」については、【簡単】SIMロックを解除してSIMフリーにする方法を解説でまとめているので、本記事とセットでご覧ください

 

日本人に人気があるのは、クレジットカードでのお支払いです。

 

クレカを登録して、Grabタクシーに乗ることができます。

 

人気な理由は、下の通りです。

 

・タクシーから下りるとき、お支払いをしなくていい

・現金を持ち歩かなくていい

 

Grabタクシーでは、ドライバーが細かいお金を持っていないことがよくあります。

 

なのでクレカでお支払いすると、とても便利です。

 

注意点として、クレカの登録はマレーシアでしかできません。

 

登録したい方は、マレーシアに着いてからトライしてみてくださいね。

 

グラブを使ってタクシーを予約する方法

 

続いてはグラブでタクシーを予約する方法を、お話ししますね。

 

5つのステップ通りにやると、たった30秒でタクシーを予約できます。

 

step1:乗りたいところを決める

step2:行きたいところを決める

step3:お支払い方法を選ぶ

step4:タクシーのタイプを選ぶ

step5:ドライバーを呼ぶ

 

1つずつ解説しますね。

 

step
1
乗りたいところを決める

 

まずは、乗りたいところを決めましょう。

 

グラブのアプリを開くと、次の2つが出てきます。

 

・周辺のマップ

・自分のいる場所

 

その画面に2つのピンが現れます。

 

・青色のピン:乗りたいところ

・赤色のピン:行きたいところ

 

自分がいるところにタクシーを呼びたいときは、青色のピンをそのままにしておきましょう。

 

別のところにタクシーを呼びたいときは、タクシーに乗りたいところを入力しましょう。

 

下のように入力すればOKです。

 

・住所

・建物の名前

・検索項目に出てきたもの

 

ほとんどの場合は検索項目に出てくるので、そこを選んでくださいね。

 

step
2
行きたいところを決める

 

次は、行きたいところを決めましょう。

 

決める方法は、下の2つです。

 

・赤色のピンに行きたいところを入力する

・行きたいところに赤色のピンをおく

 

オススメは、赤色のピンに行きたいところを入力する方法です。

 

その方が確実だと思います。

 

step
3
お支払い方法を選ぶ

 

次は、お支払い方法を選びましょう。

 

お支払い方法は、3つありましたね。

 

①:現金

②:クレジットカード

③:トップアップ

 

クレジットカードで登録をした方でも、現金でお支払いできますよ。

 

step
4
タクシーのタイプを選ぶ

 

次は、タクシーのタイプを選びましょう。

 

4つのタイプから、タクシーを選べます。

 

①:Grab Car 

②:Grab Car 6-seater 

③:Grab Taxi 

④:Just Grab 

 

オススメは、④の「Just Grab」です。

 

Just Grab」について、簡単に説明しますね。

 

Just Grabとは、一般人ドライバーの自家用車のことです。

 

タクシーではなく、ローカルの車に乗ります。

 

Just Grabの特徴についても、お伝えしておきますね。

 

特徴は3つあります。

 

①:ノーマルで料金が安い

②:自家用車で送迎してくれる

③:目的地までの料金は予約した時に決定する

 

グラブ初心者の方は、Just Grabで問題ないと思います。

 

step
5
ドライバーを呼ぶ

 

最後は、ドライバーを呼びましょう。

 

「Book(予約)」というボタンがあるので、そこをタップします。

 

これで、グラブがドライバーを探してくれますよ。

 

場所にもよりますが、ほとんどの場合ドライバーはすぐに見つかります。

 

ドライバーが見つかると、下の4つをチェックしてみてください。

 

①:到着までの時間

②:タクシーの種類

③:タクシーの色

④:タクシーのナンバー

 

ちがう車に乗らないように、気をつけてくださいね。

 

グラブを使うときに気をつける2つのこと

 

グラブは便利なアプリですが、気をつけるべきところもあります。

 

気をつけるところは、主に下の2つです。

 

注意①:ドライバーとの関わり方

注意②:タクシーが行き先に向かっているか

 

1つずつ解説していきます。

 

注意①:ドライバーとの関わり方

 

タクシーを予約したあと、ドライバーが急に電話することがあります。

 

理由としては、タクシーに来て欲しいところの詳細を知りたいからです。

 

しかしドライバーが英語を話せなかったら、困りますよね。

 

そのときはチャットを使って、下の通りに対応しましょう。

 

・日本人だから言葉がわからないことを伝える

・タクシーに来て欲しいところの詳細を伝える

 

チャットを使うと、相手の言語が全て英語に訳されます。

 

なのでドライバーが英語を話せなくても、チャットで連絡できます。

 

たまにですが、ドライバーとの待ち合わせが上手くいかないことがあります。

 

たとえると、多くの入口がある建物などですかね。

 

そのときは「○○の前に来てほしい」など、チャットで連絡してみましょう。

 

注意②:タクシーが行き先に向かっているか

 

タクシーに乗っているときは、マップで行き先をチェックしましょう。

 

なぜなら行き先とはちがうところへ、連れて行かれるかもしれないからです。

 

初めて行くところであれば、とくに注意が必要です。

 

なので皆さんに私がオススメするマップを、ご紹介しますね。

 

それは、「Waze」と呼ばれるカーナビアプリです。

 

日本では普及していませんが、マレーシアでは多くのローカルが使っています。

 

ダウンロードは、下からできますよ。

 

 

まとめると、下の2つに気をつけてくださいね。

 

注意①:ドライバーとの関わり方

注意②:タクシーが行き先に向かっているか

 

補足として、もう少し深堀しておきます。

 

タクシーに乗っているとき、下のようなことが起きるリスクがあります。

 

・ドライバーとトラブルになる

・事故に巻き込まれる

 

そのときはGrabアプリ上に赤字で書かれた「EMERGENCY」を、タップしてください。

 

すぐ警察につながります。

 

グラブは便利なアプリですが、利用するときは気をつけてくださいね。

 

まとめ:マレーシアに来たら、Grabタクシーに乗ってみよう!

 

今回は「マレーシアのGrabタクシーはどれだけ安い?」というテーマで、お話ししました。

 

加えてグラブでタクシーを予約する方法と、気をつける2つのことも解説しましたね。

 

たくさんGrabタクシーに乗ってみて、私はあることに気がつきました。

 

それはグラブで呼ぶタクシーのほとんどが、新車だったんです。

 

なので車の中は清潔で、乗り心地も良かったですよ。

 

そろそろこの辺で、今回の記事は終わりにします。

 

最後に本記事をまとめるので、振り返りに使ってみてください。

 

本記事のまとめ

  • Grabタクシーは疑うくらい安い
  • お支払い方法はクレカのお支払いが人気
  • 5つのステップ通りにやると30秒でタクシーを予約できる
  • グラブを使うときに気をつけるべきところは2つ
  • 注意①:ドライバーとの関わり方
  • 注意②:タクシーが行き先に向かっているかチェック

 

Grabタクシーがなかなか捕まらないときの予防は、下の記事が参考になります。

 

>> 【Grabタクシーが捕まらない】あなたができるたった1つの予防

 

今回は以上です。お疲れ様でした。

  • この記事を書いた人

ヒロ

新卒で沖縄県からマレーシアへ移住した23歳のうちなんちゅ。現地で生活費をおさえて440万円の奨学金を返済中。留学中に出会った中華系マレーシア人の彼女と遠距離を続けて4年目。副業でブログを書いてる外資系会社の現地採用。

-マレーシア, マレーシア生活