マレーシア マレーシア留学

マレーシア留学中に住む寮の部屋の選び方3つ【注意点あり】

今回はちょっとだけニッチな話。

マレーシア留学中に寮生活を送る予定の方に向けて、ベストな部屋の選び方についてご紹介していきます。

実際に、ぼくもこれからご紹介する方法で部屋を選んで、ありがたいことにルームメイトと充実した留学生活を送れました。

ぶっちゃけ、マレーシア留学中に住む寮の部屋選びは、ダイレクトにあなたの留学生活に影響します。

ルームメイトと仲良くできなかったら、現地での留学生活がきつく感じてしまうはず...!
ヒロ

寮の部屋選びをするときに気をつけた方がいいポイントを、ぼくの実体験をもとにご紹介しますね。

これからマレーシアへ留学する方は、留学する前に最低限やっておきたい英語の勉強5選【これで安心】をチェックしてみてください。留学前に英語の不安を解消する方法を、解説しています。

マレーシア留学中に住む寮を選ぶ前に考えること

マレーシア留学で住む寮を選ぶ前に考えること

まずはマレーシアで充実した留学生活を送るために、寮を選ぶ前に考えておきたい3つのことをご紹介します。

マレーシア留学中に住む寮を選ぶ前に考えること

その①:マレーシア留学の目標を明確にする
その②:絶対に譲れないものは何か洗い出す
その③:合わないと思ったら違う部屋に移る

その①:マレーシア留学の目標を明確にする

寮の部屋選びで1番大切なのが、マレーシア留学の目標を明確にすること。

マレーシア留学の目標が、そのまま部屋を選ぶ基準になります。

ぼくは「日本ではできないことだけを一貫してやる」という目標があったので、

  • ローカルと同じ部屋
  • クーラーが無い部屋
  • 4人のシェアルーム

といった感じで部屋を選びました。

部屋を選ぶ前に、まずはマレーシア留学の目標を明確にしておきましょう。

その②:絶対に譲れないものは何か洗い出す

2つ目は、自分が絶対に譲れないものは何か洗い出していくこと。

ここだけは譲れない...!っていう本音を洗い出すことで、部屋を選ぶ基準が見つかります。

たとえば「快適さ」や「自分だけの空間」が譲れないものだとすると、部屋選びはこんな感じに。

  • 快適さ:ファンとクーラーのある部屋
  • 自分だけの空間:プライベートルーム

マレーシア留学中に住む寮に何を求めたいのかを考えて、部屋を選ぶ基準を見つけましょう。

その③:合わないと思ったら違う部屋に移る

3つ目は、ルームメイトと合わないと思ったらちがう部屋に移ること。

冒頭でお伝えしたとおり、ルームメイトと良い関係を築けるかどうかは留学生活に大きく影響します。

ぼくはルームメイトと良い関係を築けたおかげで、ローカルしか知らない名所なんかにも連れて行ってもらいました。

英語を話したいがためにローカルと部屋をシェアしても、お互いの関係が良くなかったら元も子もないですよね。
ヒロ

どうしてもルームメイトと合わないと思ったら、早い段階から部屋を移ることを検討しましょう。

マレーシア留学中に住む寮の部屋の選び方3つ

マレーシア留学で住む寮の部屋の選び方3つ

ここからは実際にどうやって寮の部屋を選ぶのかについて、部屋の選び方を3つご紹介します。

マレーシア留学中に住む寮の部屋の選び方

その①:ルームメイトは日本人か?ローカルか?
その②:プライベートルームか?シェアルームか?
その③:クーラー付きの部屋か?ファンだけの部屋か?

その①:ルームメイトは日本人か?ローカルか?

1つ目は、誰がルームメイトになるかで寮の部屋を選ぶ方法。

日本人とローカルそれぞれと部屋をシェアしたときの特徴を、1つずつ見ていきましょうか。

日本人のルームメイトがいる部屋の特徴

  • 不安や悩みを簡単に共有できる
  • 日本語が通じるので安心できる
  • 日本語をたくさん話してしまう

一方、ローカルのルームメイトがいる部屋の特徴はこちら。

ローカルのルームメイトがいる部屋の特徴

  • 異文化体験をすることができる
  • 英語をたくさん話す環境がある
  • 文化のちがいがストレスになる

これらの特徴を理解した上で、寮の部屋を選んでいきましょう。

その②:プライベートルームか?シェアルームか?

2つ目は、部屋のタイプに分けて選ぶ方法。

まずは、プライベートルームの特徴を見ていきましょう。

プライベートルームの特徴

  • 自分の空間があり気を遣う必要なし
  • ローカルと関わる機会が少なくなる
  • ローカルと生活する経験ができない

シェアルームの特徴は、こちらの通り。

シェアルームの特徴

  • 自分の空間を確保するのが難しい
  • ローカルと関わるチャンスが増える
  • ルームメイトとの関係に左右される

自分はプライベートルームとシェアルームのどちらがいいのか、考えてみましょう。

その③:クーラー付きの部屋か?ファンだけの部屋か?

3つ目は、快適さで寮の部屋を選ぶ方法。

クーラー付きの部屋の特徴は、こんな感じです。

クーラー付きの部屋の特徴

  • いつでも快適な部屋で過ごすことができる
  • ファンのある部屋に比べると賃料が少し高い
  • ローカルがルームメイトになる可能性が少ない

一方、ファンだけの部屋の特徴はこちら。

ファンだけの部屋の特徴

  • クーラーのある部屋に比べて賃料が少し安い
  • ルームメイトがローカルになる可能性が高い
  • ハウスメイトがローカルになる可能性も高い

ファンだけの部屋は賃料が安いので、ルームメイトがローカルになる可能性が高くなります。

ローカルとの接点を増やしたい方は、ファンだけの部屋を選ぶのがおすすめです!
ヒロ

マレーシア留学中に住む寮を選ぶときの注意点3つ

寮の部屋を選ぶときにここだけは気をつけた方がいいよっていうポイントを、3つご紹介していきます。

マレーシア留学中に住む寮を選ぶときの注意点3つ

注意点①:賃料の高さを軸に部屋を選ばない
注意点②:プライベート=自分の空間ではない
注意点③:違う部屋に移るのは最終手段である

注意点①:賃料の高さを軸に部屋を選ばない

部屋の賃料の高さを軸に、部屋を選ばない方がおすすめです。

マレーシアの寮の場合、どのタイプの部屋を選んでも賃料にあまり差はありません。

なので、先ほどご紹介した3つの方法で寮の部屋を選ぶと失敗しないと思います。

注意点②:プライベート=自分の空間ではない

プライベートルームを選んでも、自分だけの空間を確保できないかもしれません。

隣にはハウスメイトが住んでいるので、ハウスメイトと一部シェアする必要もあります。

実際、ぼくが留学していたマレーシアの大学でも、キッチンやリビング、バスルームなどはプライベートルームでもシェアになっていました。

中にはマスタールームもあると思いますが、基本的にはプライベートルームでも一部シェアだと覚えておきましょう。

注意点③:違う部屋に移るのは最終手段である

ちがう部屋に移ることは、最終手段にしておきましょう。

どんなにベストな部屋を選んだとしても、トラブルはつきものです。

ルームメイトのやることなすことにイライラするのか、これも留学の醍醐味だと前向きに捉えるのかはあなた次第です!
ヒロ

マレーシア留学中に住む寮に関するよくある質問

マレーシア留学で住む寮に関するよくある質問

マレーシア留学中に住む寮に関するよくある質問3つに、お答えしていきます!

よくあるQ&A

①:クーラーが付いてない部屋はきつい?
②:どのような部屋選びがおすすめなの?
③:日本人と同じ部屋に住んでも大丈夫?

①:クーラーが付いてない部屋はきつい?

意外かもしれませんが、部屋にクーラーが付いてなくても快適に過ごせますよ。

実際、ぼくはクーラーがないファンだけの部屋で1年過ごしましたが、問題なく快適に過ごせました。

マレーシアは常夏の国だけど、日本の夏よりは暑くないことがこちらの記事を読んだらわかるはず。

>> 【シーン別】マレーシアで身につけるべき服装【アパレルショップをご紹介】

②:どのような部屋選びがおすすめなの?

ぼくがおすすめする部屋の仕様は、こんな感じです。

  • ルームメイトはローカル
  • ファンだけの部屋を選ぶ
  • 4人のシェアルームを選ぶ

日本に帰ると快適な暮らしができるので、あえて快適ではない部屋を選ぶのがおすすめです。

③:日本人と同じ部屋に住んでも大丈夫?

ルームメイトが日本人でも、まったく問題ありません。

日本人だけで固まって、ローカルと過ごす時間を疎かにしないようにしましょう。

ローカルからご飯に誘われたら、ルームメイトの日本人も誘ってあげるといいですね!
ヒロ

マレーシア留学中に日本人と良い関係を築く方法については、こちらの記事にまとめました。

>> 留学中に日本人だけで固まるのがダメな理由3つ【良い関係を築く方法を解説】

まとめ:寮の部屋選びはマレーシア留学の目標で決まる

ここまで本記事を読んでくれたあなたは、寮の部屋選びで失敗しないと思います。

簡単に振り返ると、こちらの3つの軸で寮の部屋を選んでおけば大丈夫です。

  1. ルームメイトは日本人か?ローカルか?
  2. プライベートルームか?シェアルームか?
  3. クーラー付きの部屋か?ファンだけの部屋か?

マレーシア留学の目標がまだ決まっていない方は、まずは留学の目標を考えておきましょう。

  • この記事を書いた人

ヒロ

新卒で沖縄県からマレーシアへ移住した23歳のうちなんちゅ。現地で生活費をおさえて440万円の奨学金を返済中。留学中に出会った中華系マレーシア人の彼女と遠距離を続けて4年目。副業でブログを書いてる外資系会社の現地採用。

-マレーシア, マレーシア留学