マレーシア マレーシア移住

【ブログ】マレーシアの隔離ホテルで生活してみた体験レポート

実は、2021年7月に、念願のマレーシア移住を達成したんです!

コロナ禍のマレーシア移住ということで、KL(クアラルンプール)のホテルにて14日間の隔離生活を送りました。

そこで本記事では、ぼくが実際に滞在したホテル「Ibis Styles」で隔離生活をしてみたレポートと、ホテルで出される食事についてご紹介していきます。

隔離前に準備していないと困るものや、便利なアプリについても説明しますね!
ヒロ

コロナ禍でも、マレーシアへ渡航することを決めたチャレンジャーなあなたのお役に立てるとうれしいです。

本記事は2021年7月の隔離ホテルの情報です。最新の隔離ホテルに関する情報については、マレーシア大使館のサイトをご参照ください。

>> 在マレーシア日本国大使館

マレーシアの隔離ホテルの宿泊レポート

マレーシアの隔離ホテルの宿泊レポート

さっそく、マレーシアの隔離ホテルの宿泊レポートをご紹介していきます。

Ibis Stylesはどんな隔離ホテルなの?

まずは、ぼくが隔離生活を送ったIbis Stylesについて説明しますね。

Ibis Stylesの基本情報

  • 値段:RM2100(14日分)
  • 一泊あたりRM150(約3,930円)

  • 場所:Kuala Lumpur
  • Metro Mall, Kompleks Metro Pudu, 1, Jalan Metro Pudu 2, Fraser Business Park, 55200 Kuala Lumpur, Federal Territory of Kuala Lumpur

  • 評価:
  • マレーシアの三つ星ホテル

ぼくの場合は会社がホテルの費用をすべて負担してくれたので、無料で宿泊することができました。

ちなみに、ぼくが働いている会社については、新卒でマレーシアに移住したぼくがペナン就職する方法を解説しますにてご紹介しています。

続いては、隔離期間中のホテルのルールについてご紹介しますね。

マレーシアの隔離ホテルのルール3つ

隔離中のホテルのルールは、主にこちらの3つです。

    隔離中のホテルのルール
  1. 全てのルームサービスは無し
  2. アメニティグッズの補充無し
  3. アプリで健康状態を報告する

もう少し詳しく説明します。

全てのルームサービスは無し

隔離中は、全てのルームサービスを利用できません。

ルームサービスが利用できないので、

  • 洗濯機を使うことができない
  • 部屋の掃除をしてもらえない
  • ホテルの食事を注文できない

といった感じ。

洗濯に関しては、ホテルのラウンドリーサービスが使えないので、自分で手洗いして服を洗う必要があります。

アメニティグッズの補充無し

基本的に、アメニティグッズの補充はありません。

なので、最初からホテルにある

  • トイレットペーパー
  • ボディーシャンプー
  • 500円玉サイズの石鹸

などは使いすぎないようにしましょう。

もしも使い切ってしまったら、デリバリーサービスで頼めます。詳しくは記事の後半でご紹介しますね。
ヒロ

アプリで健康状態を報告する

隔離期間中は、毎日アプリで健康状態を報告する必要があります。

たとえば、ぼくの場合は

  • 会社
  • ホテル
  • 保健省

にそれぞれ健康状態を報告していました。

健康状態を報告するために、下記2つのアプリが必要です。

隔離生活が始まる前に、あらかじめダウンロードしておきましょう。

隔離ホテルに備わっているものを紹介

もともとホテルに備わっているものは、こちらの7つ。

    隔離ホテルに備わっているもの7つ
  1. コップ
  2. テレビ
  3. 電気ケトル
  4. ハンガー×10
  5. 正方形の冷蔵庫
  6. ヘアドライヤー
  7. バスタオル大×2

隔離生活を送るにあたって必要なものは、すべて揃っています。

ホテルに備わっているアメニティグッズは、こちらの10個です。

    隔離ホテルのアメニティグッズ10個
  1. ティッシュ×5
  2. 珈琲セット×20
  3. 紅茶セット×12
  4. 簡易スリッパ×2
  5. 歯ブラシセット×2
  6. ボディーシャンプー
  7. トイレットペーパー
  8. 500円玉サイズの石鹸×4
  9. ゴミ袋(毎日補充される)
  10. 水(500mlのペットボトル)×50

水(500mlのペットボトル)に関しては、1本RM1(約26円)で追加できます。

マレーシアの隔離ホテルで出される食事

マレーシアの隔離ホテルで出される食事

ここからは、マレーシアの隔離ホテルで出される食事紹介のコーナーです!

バナナとチキン地獄のはじまりはじまり〜
ヒロ

食事が出される時間帯と出され方

マレーシアなのに?食事が出される時間帯はきっちり決まっています。

  • 朝ご飯:06:30〜08:30
  • 昼ご飯:11:30〜13:30
  • 夜ご飯:18:30〜20:30

1日3回、上記の時間にホテルスタッフが食事を運んでくれます。

食事の時間帯になると、

  • ホテルスタッフが食事の配給作業を始める
  • 入り口の前にある台の上に食事が置かれる
  • インターホンにて配給の完了が知らされる

といった流れで食事を受け取れます。

入り口を開けて食事を受け取る際、台の上に食事が置かれているだけなので、ホテルスタッフとの接触もありません。
ヒロ

ちなみに、隔離ホテルの食事はベジタリアンやアレルギーにも対応しているので、希望する方はチェックインのときにホテルスタッフに伝えておきましょう。

ホテルの食事内容をまとめました

上記のツイートから、36食分の隔離飯のメニューをチェックできます。

できたてホヤホヤで届けてくれたので、温かい食事をいただくことができました。個人的には大満足です!
ヒロ

しかし、1週間を過ぎると残りは同じメニューの繰り返しに...。

味の好みが合わなかったり量が足りない方は、フードデリバリーを活用しましょう。

フードデリバリーの食事でもOK

ホテルと提携しているお店のみ、フードデリバリーを頼めます。

Ibis Stylesの場合だと、下記のお店からフードデリバリーを注文できますよ。

フードデリバリーの一覧
  • ファストフード
  • KFC・McDonald's

  • ピザ
  • Pizzahatt・Domino's Pizza

  • ベジタリアン料理
  • Simple Life Vegetarian・Sangeetha Vegetarian

  • コーヒー
  • Starbucks・The Coffee Bean & Tea Leaf

  • ジュース
  • Boost Juice・TeaLive

  • 洋菓子
  • Secret Recipe・Big Apple Donuts & Coffee

他にも提携しているお店がありますが、有名なお店をピックアップしてみました。

フードデリバリーは15:00〜17:00必着です。時間外の注文や提携していないお店からの注文はできないので、ご注意ください。
ヒロ

グローサリーもデリバリーできます

グローサリー(生活雑貨・日用品)のデリバリーもOK。

グローサリーのデリバリーは11:00〜17:00必着で、どのお店からも注文できますよ。

マレーシアで定番のデリバリーサービスのアプリは、こちらの2つ。

マレーシアへ渡航する前に、前もってダウンロードしておきましょう。

隔離ホテルに滞在するときの注意点3つ

隔離ホテルに滞在するときに、注意すべきことは下記3つです。

隔離ホテルに滞在するときの注意点3つ

注意点①:マレーシアのSIMカードを買っておく
注意点②:フードデリバリーはハラルフードのみ
注意点③:洗濯をするときに必要なものを揃える

注意点①:マレーシアのSIMカードを買っておく

マレーシアへ渡航する前に、あらかじめSIMカードを買っておきましょう。

SIMカードがないとマレーシアの電話番号を取得できないので、デリバリーサービスが使えません。

デリバリーサービスを使うには、こちらの2つを準備する必要があります。

  1. マレーシアのSIMカード
  2. アマゾンでMAXIS プリペイドSIMカードを買えます。

  3. 海外対応のクレジットカード
  4. エポスカードなら最短で即日発行できます。

スマホにマレーシアのSIMカードを入れて、デリバリーサービスのアプリでクレジットカードを登録することで、デリバリーサービスが使えるようになります。

もうすでにマレーシアに友だちがいる方は、友だちに頼んでデリバリーサービスを使えばOK!
ヒロ

初めてマレーシアに来て頼る人がいないという方は、TwitterのDMまでご連絡ください。隔離ホテルへ必要なものをお届けします!

>> ヒロ@ペナン島ぐらしブロガー

注意点②:フードデリバリーはハラルフードのみ

フードデリバリーで頼める料理は、ハラルフードのみです。

ムスリムが頼んだハラルフードに、ノンハラルフードが混じってしまう可能性があるからですね。

ノンハラルフードの代表的なものは、このような感じ。

  • 豚肉や豚の成分が含まれるもの
  • 飲用や調味料に含まれるアルコール
  • イスラム法に則って処理されていない食肉

あと、ホテルが指定したお店以外からのフードデリバリーも禁止されています。

そもそもハラル・ノンハラルについてわからない!という方は、こちらの記事をチェックしてみてください。

>> どうしてムスリムは豚肉と酒がタブーなの?マレーシアのハラル事情を3つ解説

注意点③:洗濯をするときに必要なものを揃える

マレーシアへ渡航する前に、洗濯に必要なものを揃えておきましょう。

隔離中はホテルのラウンドリーサービスが使えないので、自分で洗濯する必要があります。

デリバリーサービスでも注文できますが、

  • 洗濯洗剤
  • コロコロ
  • 洗濯ロープ

などをあらかじめ買っておくと便利だと思います。

洗濯洗剤に関しては、粉石鹸を小さな容器に詰めて、必要な分だけ持参すればOK。

Ibis Stylesにはハンガーは10本ありましたが、足りない場合はハンガーも持参するといいと思いますよ。
ヒロ

隔離ホテルに関する疑問にお答えします

最後に、隔離ホテルに関するよくある質問にお答えしていきます。

よくある質問5つ

①:おすすめのトレーニング動画はありますか?
②:隔離期間はチェックインの日を含みますか?
③:隔離中にあったら便利なものはありますか?
④:溜まったゴミはどうやって捨てるんですか?
⑤:隔離ホテルのWi-Fiは快適に使えるんですか?

1つずつ、お答えします。

①:おすすめのトレーニング動画はありますか?

隔離生活で運動不足が気になるという方は、こちらのYouTubeがおすすめです。

Yukoちゃんねるマレーシアde痩せるフィットネス

上記は、マレーシア在住のパーソナルトレーナーYukoさんのYouTubeです。

Yukoちゃんねるの中でも、隔離ホテルでできるおすすめの動画はこちらの3本。

他にもヨガマット無しでできるフィットネス動画がたくさんあるので、隔離中はYukoちゃんねるを観て運動不足を解消しましょう!
ヒロ

>> Yukoちゃんねるマレーシアde痩せるフィットネス

②:隔離期間はチェックインの日を含みますか?

隔離期間はチェックインの日を含みます。

ぼくの隔離期間を例にすると、こんな感じ。

  • チェックイン:2021年7月26日 13時ごろ
  • チェックアウト:2021年8月8日 10時ごろ

隔離期間はチェックインした日から数えて、14日間になります。

③:隔離中は部屋から一歩も出れないんですか?

Swabテスト(PCR検査)のとき以外は、部屋から一歩も出られません。

隔離中に授業や仕事がない方は、隔離生活をどう過ごすのか考えておくといいと思います。

おすすめは動画配信サービスの無料体験を利用して、映画にどっぷり浸かることです!
ヒロ

無料体験ができる動画配信サービスを3つ、紹介しておきますね。

無料体験ができる動画配信サービス

U-NEXT | 日本最大級の動画配信(31日間無料)
※80,000本の作品を見放題で楽しめて、無料期間に600円分のポイントが使えます。
Amazonプライム | Amazonが提供する動画配信(30日間無料)
洋画、邦画、ドラマ、韓流、バラエティ、アニメなどラインナップが豊富です。
Hulu | 100,000本以上の作品が見放題の動画配信(14日間無料)
※人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見放題です。

マレーシアから動画配信サービスを利用するときは、VPNというサーバーを経由する必要があります。

セカイVPNを利用すると2ヶ月ほど無料体験できるので、動画配信サービスとセットで申し込んでおきましょう。

>> 2ヶ月間セカイVPNを無料体験する

隔離生活が終わったら解約しても問題ありません
解約手続きは2~3分ほどで完了します

※2ヶ月間の無料体験中で解約しても料金はかかりません。

④:溜まったゴミはどうやって捨てるんですか?

部屋の入り口の前にゴミを出しておけば、ホテルスタッフが代わりにゴミ出しをしてくれます。

毎朝新しいゴミ袋がもらえるので、毎日ゴミを出してもOK。

マレーシアではゴミを分別する必要がないので、すべて同じ袋に入れても大丈夫ですよ。

⑤:隔離ホテルのWi-Fiは快適に使えるんですか?

ホテルによると思いますが、Ibis StylesのWi-Fiはサクサク使えませんでした。

Wi-Fiが使えなくなったときに備えて、アマゾンでMAXISプリペイドSIMカードを買っておくのがおすすめです。
ヒロ

テザリングすることで、Wi-Fiが使えなくなってもZOOMなどに参加できます。

まとめ:マレーシアの隔離ホテルは最高でした!

まとめ:マレーシアの隔離ホテルは最高でした!

今回はぼくが実際に滞在したホテル「Ibis Styles」で隔離生活をしてみたレポートと、ホテルで出される食事についてご紹介しました。

考え方によっては、マレーシアで隔離生活を送れることは貴重な経験になります。

いつかは観たいと思っていた映画を観たり、友だちとビデオ電話したりなど、有意義な隔離生活を送りましょう!

  • この記事を書いた人

ヒロ

新卒で沖縄県からマレーシアへ移住した23歳のうちなんちゅ。現地で生活費をおさえて440万円の奨学金を返済中。留学中に出会った中華系マレーシア人の彼女と遠距離を続けて4年目。副業でブログを書いてる外資系会社の現地採用。

-マレーシア, マレーシア移住